メイクアップぷよ戦士 感想

ぷよクエ×セーラームーンコラボもいよいよ終盤ですね。

名残惜しいですが、最後まで楽しみましょう。

…というワケで今回は「メイクアップぷよ戦士」の感想記事です。

あらすじ

アルルが目を覚ますと、そこは麻布十番だった。

はぐれたカーバンクルを探していると、

「ムーン・クリスタル・パワーメイク・アップ!」

の声ととにに光に包まれ、なんとドレス姿に変身してしまう。

そこに姿を見せたのは、セーラームーン。

どうやら街中に大量のぷよぷよがあらわれたので、困っているらしい。

「ボク、ぷよ勝負はトクイなんだ!手伝うよ!」

こうしてアルルは、セーラー戦士たちと協力して増殖したぷよぷよを消すことに!

※コラボ公式サイトより引用

全体を通した感想

短い! そしてあっけない…。プロローグ含めても全4話しかありません。

いつものコラボもこんな感じでしたっけ?(覚えていない)

今回はあくまでお気楽・極楽なコラボイベントだからそこまで期待するのはムリですが、やっぱりヒーローは悪役がいないと引き立たないと思いました(^_^;)

ぷよクエキャラ達とセーラー戦士達の夢の共演は嬉しかったです。

またやって下さい😄

プロローグ感想

アルルに自己紹介するセーラームーン

セーラームーンに自己紹介するアルル

セーラームーンとアルル、子供の頃憧れた(今もだけど)二大ヒロインが夢の共演😄

コレは嬉しい(≧▽≦)

セーラームーン達をぷよの脅威から救うアルル

セーラームーンを窮地から救ったアルル。

ドレス姿ですが、「ぷよクロ」の名ばかり勇者の空気アルルより、よっぽど勇ましくてカッコいいですね(^_^;)

弱点をさがせ 感想

ぷよに苦戦するジュピターとマーキュリー

ぷよ相手に苦戦するジュピターとマーキュリー。

ダーク・キングダムやブラック・ムーンといった世界滅亡レベルの危機をもたらした強敵達を倒して来たセーラー戦士達をここまで苦しめるとは…!😲

初出の「魔導物語」では最弱モンスターだったはずのぷよぷよも、ずいぶん強くなりました😂

…まぁ、この後、あっさり弱点を見抜かれてしまうんですけどね(笑)

シエル「定義して下さい」

ぷよを消すのに、範囲の指定が必要だと言うシエル。彼女が頭いい子なのか、ただ単に面倒くさい子なのか分からなくなりました(^_^;)

アルテミス「ぷよを消すとメダルに変わる」前回の記事で「何故メダルなんだ?」と書きましたが、ストーリーとリンクしてたんですね。

「何故メダルなのか」は不明ですが、ぷよを消すとメダルに変わるという設定だったようです。

「ぷよが別の何かに変わる」という展開は「アルルの冒険魔法のジュエル(ぷよぷよ版ポケモンみたいなゲーム)」を思い出しました。…全くカンケーないでしょうが…(^_^;)

(「アルルの冒険」はカードのもんすたぁ達をアルルが使役しながら冒険するゲームで、実はそのもんすたぁ達がカード化したぷよぷよ達だという設定)

おじょうさんはだれ? 感想

マーズ「あたしのハイヒールでおしおきするわよ?」ルナとアルテミスに変装したパプリスをハイヒールでおしおきするというマーズ。正義の味方のはずなのに、言ってる事が動物虐待で笑った😂

月への願い事 感想

今回、最も意味不明だった話です(^_^;)

初見で分かったのは、パプリス達が言ってた「すてきなおじょうさん」の正体がちびうさだったという事だけでした(^_^;)

3,4回程読み直してようやく話が理解できました(多分…)

あっさり「もう帰る」と言ってたけど、そんなにカンタンにアルル達はプワープに戻れる状況だったの??

せめて残りのぷよ消しを手伝ってから帰ってあげて!!(;´Д`)

以下、細かい点をピックアップ。

りすくま「わたしがちびうさです」ワロタwww(ここは素直に面白かった😂)

ジュピター「もしかしてアンタかおじょうさんなのか?」マーズ「どう考えても違うでしょ…」ですよねーw

どう考えてもりすくまは「おじょうさん=女子」ではないのだから「ボーイズ」コンボを付けてくれよ!

デッキが組みにくくて仕方ないわ!😓

…それはともかく…問題はここからです。

りすくま「私が天才であるばっかりに…」自分が天才だった事が事件の原因だと説明するりすくま。

一見、笑いを誘っているかのような自惚れたセリフですが、しかし恐ろしい事に、このセリフを誰も否定しないので、「りすくまが天才だった事が事件の元凶」だというのは、冗談ではなく列記とした事実だという事です。

ウィンが「わるいのは自分なのに〜」と彼にツッコんではいますが、りすくまが天才だという事は否定していません

…むしろ、「キミが天才だったせいでこうなったのに!」と彼の「天才」っぷりを肯定しているようにさえ思えます(;´Д`)

ラフィーナが自惚れたセリフを吐いた時には、シエルから情け容赦のないツッコミが入ったというのに…。

ラフィーナを批判するシエル

他世代のキャラ達が言ったらギャグにしかならない自惚れや自慢話も、りすくま(=7キャラ達)が言うと誰も否定しないから恐ろしいです(ほめてない

もう今更ツッコむのもバカバカしいですが、りすくまの実験結果って、魔法以上に何でもアリですね。

他に驚いたのは、アルルがりすくまの事を「せんぱい」付で呼んだ事です(^_^;)

彼はキミの先輩じゃないよね、アルル。

メタ的に見ても、キミの方が(ぷよキャラとして)りすくまの先輩だよ…😓

ふつうに「りすくま」って呼べばいいのになー。

…いやまぁ、ここはりすくま「せんぱい」までが彼の名前なんだと割り切るのが正しいのかもしれませんが、「セラムン」コラボからぷよクエに入った人や「ぷよクエ」は好きだけど本家ぷよシリーズの事はよく知らない、という人達から「りすくまはアルルの先輩(=目上の存在)なんだ」と思われたらちょっとヤだなーと思いました(^^;)

実際にはどちらが目上でも目下でもなく対等な関係のはずなのですが…。

まとめ

ちょっとネガティブな感想が混ざりましたが(すみません…)ぷよクエ×セーラームーンコラボはとても楽しかったので、コナンや初音ミクのように第2弾もやって欲しいです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です