ぷよぷよファンブログ

ぷよクエ×テニプリコラボストーリー感想

可もなく不可も無し

1つ前のコラボである呪術廻戦は「呪い」というぷよシリーズとも通じるテーマを持った作品であり、旧キャラとの絡みがあったり考察する余地もあったりして面白かったのですが、「テニスの王子様」は「テニス」というぷよシリーズと親和性の低いテーマ&旧キャラとの絡みも無しという事あり、コラボストーリーもあまり印象には残りませんでした。

手塚「元いた場所に戻るためには『テニスパワー』を貯める必要があるそうだ」

収集イベで「テニスパワー」を集めていたのは越前リョーマ達が元の世界に戻る為という事になっており、イベントとストーリーがちゃんとシンクロしているのは良いですね。

…と思っていたら、「コラボ先のキャラたちが突然プワープに飛ばされて、元の世界に戻るために○○を集めるという展開、何回目だよ!」という指摘をしている方を某所でお見かけしたので、私が忘れているだけでこれがコラボストーリーのテンプレなのかもしれません(^^;)

「ぷよ」をバレーボールに見立てていたハイキューコラボの時のように今回は「ぷよ」をテニスボールに見立てるのかと思いきや、やっぱりそんな感じでしたね(^^;)

バレーボールならともかく、テニスボールにするにはぷよぷよはデカ過ぎではないでしょうか…?💧

偽物のくだりは何が起こっているのかよく分かりませんでした💧どういう事象なのかご存知の方は教えて頂けますと嬉しいです。

あとは越前リョーマを「こしまえ」と呼んでいるキャラがいたのには驚きました。言われてみれば、そんな風にも読めなくはないですね。

そんなワケで、テニプリとのコラボストーリーはハイキューコラボの時のように不快に感じる描写はなかったものの、呪術廻戦コラボのような「面白さ」も感じませんでした。(あくまでぷよクエとのコラボストーリーが印象に残らないという話で、テニプリそのものがつまらないと言っているわけではないですよ💦)

…というか、ハイキューコラボの時から思っていましたが、ぷよクエの紙芝居漫才デモでは激しい動きを再現できないため、競技系スポーツ作品との相性はあまり良くないのではないかと思いました(^_^;)

関連記事

五条悟のツテは何者!?ぷよクエ×呪術廻戦コラボストーリー考察と感想

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP