ぷよぷよファンブログ

ソシャゲはギャンブルなのか

ゆくぷよくるぷよフルパワーガチャの画像

ゆくぷよくるぷよフルパワーガチャ、運試しに引いてみる事にしました。

ゆくぷよくるぷよフルパワーガチャの画像

結果は…

ゆくぷよくるぷよガチャ結果

10連1回目であっさり「スペース☆エコロ」Getです! これは幸行きがいいですね(≧▽≦) ☆6のままではありますがせっかく入手できたので、「ここぞ」という場面ではガッツリと活躍させてみたいです。

調子に乗って「もっとあやしいクルーク」のガチャも引こうか一瞬考えたのですが、やめました。もしかしたらスぺエコと同様「もっとあやクルがいないと攻略ができない!」なんて展開が今後発生するかもしれませんが、その時は潔くあきらめようと思いました(^^;)

ソシャゲのサービス継続にユーザーからの課金は必要不可欠ではありますが、だからと言って運営の勧めるがままにガチャを回して課金していたらキリがないです。

ソシャゲの性質上、課金すればするほど有利にゲームが進められるのは間違いないですが、「自分はどこまで攻略できれば満足なのか」そこを考えて、「攻略できないものは、ムリに攻略しようとしない」事もソシャゲを遊ぶ上で重要な戦略の一つではないかと思いました。

なんで急にこんな事を書いたのかというと、筆者が最近「ぷよクエ」以外にも別のソシャゲを始めたからです。(以前にも書きましたが、マギアレコードです)

以前、とある方のぷよクエブログで「☆7にする為に確率1%のキャラを6回も引かせるなんてありえないでしょwww」的な記述を目にして「言われてみれば、まぁそうだよな」と思った事があるのですが、マギレコにも「ぷよクエ」のようにガチャからの排出率1%のキャラを複数枚引かせてキャラを強化する(限界突破)システムがあったので「どこのソシャゲも似たような事をやっているのだな」と思いました(^^;)

さて、かつてソシャゲで起きた大事件といえば、「コンプガチャ」問題でしょう。複数のレア景品をガチャで揃えると更なる報酬が貰えるというアレです。「何十万課金しても揃わない」という人も現れ社会問題となり、景品表示法違反だという事になって禁止にされましたが、「確率1%の同名キャラを複数枚引かせる」という現在のソシャゲで行われているのガチャも、「低確率の景品を複数回当てさせる」という点ではコンプガチャとあまり変わらないのかもしれません。

まぁコンプガチャの本質は「いる・いらないに関わらず指定の景品を揃えないとそもそも目玉商品が貰えない」という点にあったので、欲しい景品がガチャから直接排出されるようになったこと、コンプガチャが跋扈していた時代のガチャからの排出率は「闇」でしたが、現在ははっきりと数値化され、また少なくとも目当ての景品を1つ入手するだけならいわゆる「天井」が設けられるようになったので、以前より大分マシになったと言えるでしょう。

なお、ぷよクエのガチャは比較的「自分の欲しいキャラを入手しやすい」様にできていると思います。何故なら天井が100連だから。(マギレコの天井は200連です。それもつい最近200に引き下げられたのであって、それまでは300が天井でした。恐ろしい…)

ただマギレコの方がキャラクター一人一人の作り込みは凝っているのと、限界突破に必要な同名キャラが最大4体なのでガチャに関しては一概にどっちが良い悪いとは言い難いです。好きなキャラを入手したいだけならぷよクエの方が楽という話です。

さて、ではタイトルの「ソシャゲはギャンブルなのか」問題ですが、厳密に言えばソシャゲそのものではなく、「ガチャがギャンブル」なんですね。

海外ではガチャはギャンブルと同じとされ、規制されている国もあるらしいのですが、日本でそんな話は(今のところは)まったくありませんね。

「ぷよぷよ‼タッチ」はスマホゲームにしては珍しくガチャがありませんでしたが、配信開始から1年ほどでサービス終了してしまいました。「ぷよタッチ」ではユーザー同士の交流がほぼ無かったのでソーシャルゲームではなかったかもしれませんが、時間経過でユーザーのステータスが回復し、パズルで遊べるようになる点は「ぷよクエ」と同じです。

そんな「ぷよタッチ」について「ガチャがないのは、やっぱり寂しい」というレビューを見かけたことがあります。スマホのゲームでガチャを引く(=射幸心を煽られる)というのは、実はユーザー自身が望んでいる事でもあるのかもしれません。

「ぷよタッチ」はガチャではなく、課題をこなしスタンプを貯めて景品を貰うというシステムでした(ぷよクエのビンゴシステムに近い)。あれはあれで面白かったんですけどね。ガチャが無い分、ドキドキ感が無かったのもまぁ、事実ではあります。

ソシャゲの中だけではなく、町中でもガチャマシンをたくさん見かけます。日本人はギャンブル好きの民族なのかもしれません…。

…とはいえ、外国でガチャの規制が進んでいるのなら日本も今後規制される日が来るのかもしれません。

その時は、町に溢れかえっているガチャマシン達も規制されてお払い箱になったり? その時はガチャマシンだけではなく、ブラインドボックス商品も廃止して欲しいですね。フィギュアやラバストなどの商品でよくある事ですが、「開けて見るまで中身が分からない」ってお金出して買うのに「自分の好きな物が選べない」って心底意味が分からなくないですか? 箱買いすれば揃うのはまだ良い方で、中には箱買いしても揃わない商品もあるから恐ろしいです。

少し話が逸れましたが、「どんなに課金して楽しんでも、サービス終了してしまえば自分の手元に何も残らない」という点で考えれば、ソシャゲはギャンブル同じと言えるのかもしれません。「何百万と課金したソシャゲがまさかのサービス終了」という自体に見舞われた人もいるとか。

課金は、ほどほどに。

(ちなみに今回は10連1回でエコロを当てることができたので、課金はしていないです)

Follow me!

コメント (2)
  1. 微課金者 より:

    ぷよクエは確定排出がある分、ギャンブルみたいに破産するほどガチャを回しすぎることはないものの、課金できる人にはたくさん課金してほしいところです。

    1. akinoruiP より:

      微課金者さんこんにちは。コメントありがとうございます。
      私もぷよクエは「微課金」です。あまりお金を掛けなくても(ギルイベ以外は)攻略にあまり困らないのが「ぷよクエ」のよいところだと思います。
      ☆7のフルパワーカードを複数枚持っている方は相当額課金しているかもしれませんね。
      セルラン上位にはならずとも、今後もサービスが継続される程度には売上が続いてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP