プリキュアが好きなら多分知らない方がいい話

4/24の「ぷよクエ公式生放送」で、次のコラボ先がまさかの「プリキュア」だという事が発表されました。

しかも初代のふたりでも最新作の「トロピカルルージュ」でもなく第5シーズンの「5GOGO」です。

プリキュア×ぷよクエ

まぁ、プリキュア5のメンツが登場する映画を今年公開したばかりなので、人気はあるんでしょう。

筆者は「ハートキャッチ」のシーズンが一番好きですが。(というかそれ以外のシーズンはほとんど見ていない)。

そんなわけで毎年テーマやキャラを変え、人気の続く「プリキュア」ですが、「ぷよクエ」とコラボすると聞いた時はモヤモヤしました。

プリキュアの版権元の一つである「ABC朝日放送」のケータイ公式サイトに登録していた事があったのですが、その時にお金を騙し取られた嫌な思い出があるからです(^_^;)(筆者がまだスマホを持っておらずガラケーを使っていた頃)

当時の私はABC朝日放送に対して相当怒っており、当時のメモがまだ残っているのでそれを元に記事を書きます。

2010年の11月。当時私は、ABC朝日放送のケータイ公式サイト月額500円コースに登録していましたが、一月で解約するつもりでした。月末に「解約はこちらから」リンクを押すとアンケートが出てきたので「回答する」ボタンを押しました。

すると「ありがとうございました」というメッセージと、トップページへのリンクが貼られた画面が出てきました。

これで私は「解約できたんだな」と思い込んでしまいました。

しかしその3ヶ月後、私はまだ解約できていない事にはじめて気づきました。「こちらは10月末でアンケートに回答して解約したつもりなのだから、返金して欲しい」という旨を記載したメールをABC朝日放送に送りましたが、その回答は「iモードの解約がされていない以上、返金は致しかねます」というものでした。

納得いかない私は同社へ電話しましたが「部署が違うからかけ直せ」と言われてしまいました。どうやら、クレームの電話は自社では受けず、下請け企業に丸投げしている様でした。

仕方が無いので改めて下請けのクレーム請負企業に電話し、解約方法を聞きました。

その後改めて解約画面に飛ぶと、アンケートの回答ボタンの下に、解約するボタンがありましたが、しかしその前にさらなるトラップが待ち受けていたのです。

月額300円コース、月額500円コース、(もう一つあったけど何か忘れた)

選択肢が3つあるので、正しいものを選択しなければなりません。解約は解約なのだから、大人しく解約させればいいものを…。(いずれかしか契約できないのにわざわざ選択肢を用意するのは、コース選択を間違えた場合に解約させないための罠なのでしょう)

幸い私は自分が500円コースに登録していた事を覚えていたので、500円コースを選択後、解約ボタンを押下。iモードパスワードを入力し、やっと解約することができたのでした。

ちなみに当時セガとスクエニのケータイ公式サイトにも登録していた事がありましたが、それらのサイトはこの様な悪質なトラップは一切なく、すんなりと解約できました。セガとスクエニのケータイ公式サイトはABC朝日放送と違って良心的でした。

そんなワケで「客の足下を見てお金を騙し取り、そのクレームも自社では聞かず、下請けに丸投げしている様な企業が正義のヒーローアニメの版権元の一つなんだ」という現実を知ったのでした(^_^;)。

「汚い手使って金を稼ぐならそのクレームぐらい自分で聞きやがれ!」

と言いたいです(-_-;)

しかもその悪質なケータイサイトをプリキュアアニメの放送時に堂々と字幕で宣伝していました。(今はどうか知らんけど)。

その様な苦い経験をした為、プリキュアについて「最高のヒーローアニメ😆」みたいな無邪気なコメントをネットなどで見聞きする度、モヤモヤするのでした(^_^;)

(勿論、悪いのはABC朝日放送であって、「プリキュア」という作品そのものに罪は無い…と思います)

※この様な被害にあった時は消費者庁に相談しましょう。寄せられる声が多ければ動いてくれます。

というワケで、個人的には二度とABC朝日放送にお金を落としたくないので、「ぷよクエがプリキュアとコラボしている期間中は間違っても絶対に課金しないぞ!」と固く心に誓ったのでしたとさ(^^;)

めでたくなし。めでたくなし。

Follow me!

プリキュアが好きなら多分知らない方がいい話” に対して1件のコメントがあります。

  1. みるん より:

    そんなことがあったんですね…。
    酷い放送局ですね!知らなかったです。
    でも、明らかに解約しにくい方法をしているのですから、
    きちんと明るみに出していくべきだと思います!
    何があったのか教えてくださってありがとうございます!!
    ルイさんのように消費者が正しく声を上げて、「悪い事は悪い!」と言える世の中になってほしいですね。

    1. akinoruiP より:

      みるんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございますm(__)m
      記事内には書きませんでしたが、クレームの電話を入れた先が「解約が分かり辛いという問い合わせは多く頂いております」と言っていたので、ワザと解約し辛い仕様にしていたんだと思います(^^;)
      この件について消費者庁に一応メールは送りましたが、(例えばコンプガチャのように社会的な大問題だったわけではないので)消費者庁が動いて改善に向かうことはなかったと思います。
      しかしそのサービス自体、ガラケー向けのものだったので、現在は恐らく消滅したのではないかと思います(形を変えて存在している可能性はありますが、そこまでは調べていないです)。
      まずアンケートに回答したのが間違いのもとだったのですが、アンケートには善意で答えているのに、それを利用して罠にはめるというやり方は酷いと当時は思いました。

      この教訓は「契約後、解約したい場合は本当に契約できたのか、最後まで確認すること」です。具体的には「アンケートに答えたからといって解約できた気持ちにならないこと」「請求書は毎月必ずチェックすること」ですね。

      みるんさんももし、どこかと契約をした場合は気を付けてください(>ω<;) ではまた(*´▽`*)ノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です